安いが勝ちの医療脱毛・東京編

医療脱毛を望む人が東京や大阪で急増しています。しかしその一方で“安い価格で医療脱毛”を希望する声も多く聞かれます。

RSS 2.0

「安い医療脱毛は痛みが酷い」と言いますがホントですか?

東京では医療脱毛を扱うクリニックが過密傾向にあります。

医院の収入源として効率よく稼げるためにそうなりました。

では安い医療脱毛は、安い医療機器を用いているのでしょうか。

現状をみてみましょう。

■医療機器のせいで痛みが酷くなることはありえない。

東京・大阪、名古屋や福岡など、都市圏では医療脱毛のニーズが高まっていて、最近では過当競争が始まっているとみる向きもあります。

クリニックの開業や維持には多額のお金が必要になりますが、過当競争が激化すればクリニックの経営に影響が出ます。

それで極まれではありますが、医師の中には対応そのものが雑になる人もあります。

医療機器の性能が悪いからといって脱毛の痛みが酷くなることはありません。

■医療機器が良くても医師の腕前や姿勢が悪ければ!

どんなに高性能な医療機器を使っても、使い方が未熟であれば患者への負担は高まります。

つまり施術中・施術後の痛みが酷くなることもあり得ます。

機械のせいではなく、医師の腕前のせいであり、医療に対する取り組み姿勢の違いでもありす。

安い医療脱毛でも丁寧な施術を行なうのは当然のことです。

治療前にカウンセリングを受け、クリニックや医師の下見をするとか、人気ランキングを参考にするなどして、評判のいいクリニックを選択しましょう。

■安いものにはワケがあり、それを選べば危険性やリスクも高まります。

東京など競争率の激しい都市では、その可能性も大きくなります。

医療機器は人の命を左右するものですから、どんなに安い医療機器でも患者にマイナスになるような粗悪品はありません。

むしろ痛みが酷いのは医師の腕が未熟か雑かのどちらかです。

安い医療脱毛を掲げているところほどその傾向は強まるようです。

OFF
admin01