安いが勝ちの医療脱毛・東京編

医療脱毛を望む人が東京や大阪で急増しています。しかしその一方で“安い価格で医療脱毛”を希望する声も多く聞かれます。

RSS 2.0

東京で安い医療脱毛を探しているのですが、注意事項はありますか?

利用者が安い医療脱毛を第一条件にクリニックを選ぶため、東京などでの大都市圏では、倫理観を踏み外した医師も急増。

安い診療報酬の穴埋め目的で、不正なことにも手を染めるように。

利用者が注意すべき点を考えてみましょう。

■第一に避けたいのは、安い医療脱毛のクリニック。

東京・大阪、名古屋などの都市圏では、どこのに行っても、医療脱毛のクリニックが目立つようになりました。

かつての脱毛エステと同じ状況が見て取れます。

医療脱毛のクリニックを選択する際の注意事項としては、まず「不当に安い医療脱毛のクリニックは選ばない」ということです。

利用者の意に反する真逆の回答になりますが、安いクリニックには安いだけのことはあるというのが現実です。

医療脱毛でなくても、ごく身近な生活の中でそれを体験しているはずです。

■薄利多売になったり、診療回数をわざと増やしたり。

安い医療脱毛は確かに魅力的ですが、裏を返せば薄利多売の商法になりがちで、腕はいいのに患者の扱いが雑だったり、施術そのものが適当だったりします。

もっと言えば通院回数を増やして診療報酬を増やそうというところもあります。

★関連リンク⇒契約を急かされる!高額な施術を勧められる!美容医療サービスの勧誘トラブルに注意!

残念なことですが、医者にもいろいろな倫理観をもった人がいます。

ある意味では安い医療脱毛を求めすぎる利用者にも責任の一端があります。

■過当競争が引き起こす、東京など大都市圏での価格崩壊。

そのリスクを負ってしまうのも“安い医療脱毛”を求めすぎた利用者です。

安さのみを強調したクリニックは避けましょう。

世の中は需要と供給のバランスで成立しています。

東京などの大都市で、安い医療脱毛に人気が集中するのは無理のないことですが、そうしたニーズが過当競争を引き起こしています。

多少のお金を払ってでも、問診やカウンセリングからじっくり対応してくれる医院を選びましょう。

OFF
admin01